カミソリでのムダ毛処理のデメリットとは

カミソリでのムダ毛処理のデメリットとは

カミソリを使えば造作もなく脱毛できますが、強い刺激はお肌にとってマイナスです。ジェルなどで肌を守りつつ剃る、使用するカミソリの清潔さ保つなど、肌のためにできることをしましょう。

 

無事に剃り終えたら、石鹸などで洗わずに、そのままお湯には浸からないようにして、乾燥させないように、保湿しましょう。
脱毛をしても、すぐにまた生えてくるムダ毛ですが、しょっちゅう剃るようだと今度は色素沈着に悩むことになります。

 

 

 

脱毛後の肌が赤くなるのは、刺激に対する当然の変化ですので、常温程度で構いませんのですぐに水で冷やすか、風をあてるようにすると良くなってきます。このように赤くなるのは皮膚の炎症によるものなので、清潔にした患部をよく冷やすことです。そのようにしていても赤いままでひかないときは、皮膚科を受診しましょう。

 

体質にもよりますが、患部が乾燥して割れたり、水分がでてきたり、化膿してくることもあるので、放っておいたり、市販薬などに頼らず、専門医に診てもらうべきです。

 

 

 

ケノンという脱毛器をご存知でしょうか。

 

 

 

一般的な知名度は低いかもしれませんが、楽天の脱毛器ランキングで160週ずっと1位をキープしている人気のシリーズなのです。

 

3年以上ということですから、相応の評価を得ているのがわかりますね。日本製なので価格は高いですが、その分宣伝コストを抑えているので、価格の割に高い満足感が得られるうえ、光の照射範囲を広く設定できて手間と時間を同時に短縮できるのが特徴です。充電池を使用せずあえてコンセント式なので本体重量が軽く脇など凹凸があって注意が必要な場所もラクに脱毛できます。

 

 

 

この機種ならではの超強力な「ワンショット」と速効の「6連射」が選べて短時間での脱毛ができますし、脱毛可能な部位が多いというのは有難いですね。
脱毛器で自己処理をするメリットとしては、カミソリを使うよりもキレイに脱毛できるし、比べてみるとエステサロンなどよりもコストが低く済むことが挙げられます。

 

 

 

また、自分で暇な時に脱毛できるということも、脱毛器の利点だと言えるのです。

 

 

 

最初に費用が必要ですし、カートリッジを追加購入しなければならない商品もありますが、全身脱毛したい場合、脱毛サロンと比べると費用がかかりません。家庭で使える脱毛をするための器具には、色んなものがありますから、自分の好みのデザインや使用頻度などに合わせて選んだほうがいいでしょう。

 

中には顔のうぶ毛やVラインなどのアンダーヘアを処理できる脱毛器があったり、お顔をきれいに整える効果もある機器もあります。

 

 

 

見た目や重さなど様々ですし電池がいらない脱毛器もあれば、反対に電池がいるものまで色々ありますが、あなたが思いっきり脱毛したいならば電池よりコンセントにつなぐタイプの脱毛器がおすすめです。

 

 

 

まだどんな脱毛器を使おうか決まっていない方におススメしたいのは、出力調整機能がついた光脱毛の機種ですね。ムダ毛を電気の熱で焼いたり、トゥイザーと呼ばれる毛抜きを備えたヘッドで効率的な脱毛を謳っているものは、肌への刺激や負荷を避けられないうえ、また、それらの方式で脱毛しても、生えてくる毛が少なくなることはありません。

 

その点、光脱毛タイプはサロンで施術を受けるほどではないにしても効果は高く、発毛を抑えてくれるので、使用を続けていくにつれ、ほかの脱毛器とは違った効果があることに気づくでしょう。出力調整機能があれば、脱毛時の痛みを低減することができます。例えば、ソイエやアミューレなどの脱毛器は、泡脱毛という種類の脱毛ができます。ムダ毛は泡によって絡め取られるため、肌にかかる負担はグッと軽減され、あまり痛くない処理が可能となります。しかし、脱毛のパーツによって注意が必要です。ムダ毛を引っこ抜くため、大きな痛みを感じる人も少なくありません。

 

 

やっと毛が抜けた!と思えば今度は肌が赤くなる人が大半です。ニードルと呼ばれる針を使う脱毛は毛穴一つ一つに針を入れてきわめて少量の電気を通しながら、ムダ毛を作り出している組織自体を消滅させます。手間がかかることに加えて、最も痛みを強く感じる方法だと言われていますが、最も永久脱毛と呼ぶにふさわしい効果が期待できます。安心して任せられる施術者に処理してもらえるなら、ムダ毛で悩まない日が来るのです。

 

レイビス京都の脱毛プランは?