医療脱毛とエステの脱毛との違い

医療脱毛とエステの脱毛との違い

医療脱毛と言えども、施術を受けるときは、前もって処理することが大事です。
ムダ毛の自己処理が行われていないと施術不可能ですので、カウンセリングで教えられたように自己処理するのが望ましいです。施術日の前の日ではなく、処理を数日前にやってしまえば、施術後の肌に問題が起こらないかもしれません。TVコマーシャルでブレイクした「ノーノーヘア」は、サーミコン方式という熱を使った家庭用脱毛器です。ムダ毛に電線の熱を伝えてカットするのですから、髪の毛が焦げたときのような、独特の臭いがあります。テーブルの上に置きっぱなしにしてもぜんぜん違和感のないデザイン性の高さや小ささは評価が高いのですが、一方で、製品レビューを見ると、効果が実感できない、ニオイの割に処理できていない、仕上がりの見た目が不満という声が、割と自然に目に入るほど多いです。

 

 

熱処理という方式の中に限ってみれば、処理後にチクチクしないところが良いという人や、繰り返し処理していくことで、ムダ毛が減ったという意見もあります。自分の求める効果がどんなものか考慮した上で選べば、それなりに効果が得られるのかもしれません。1万円程度の脱毛器もありますし、上は10万円くらいするものもあって、脱毛器の価格は本当にピンキリです。では、価格が高いほど高性能かというと、メーカーの知名度や付属品の数、強気の価格設定などによっても違いますから一概には言えません。でも、その中でも言えることは、安物は値段相応の性能であることがあると覚悟しておくべきでしょう。
そういう品物を買うくらいなら、買わないほうがマシですし、使用経験者の感想を集めたサイトなどでよく調べてから判断しても遅くないと思います。地道に毛抜きを使ってというムダ毛処理を選ぶ人には、悲しいかな、時間も労力もたっぷりかかるのに、肌を傷つけてしまう結果に。埋没毛や炎症など肌トラブルを引き起こすため、差し支えなければ他の方法でお手入れしてください。

 

 

 

それでも毛抜きにこだわりたい!というあなたは、お風呂で毛穴を十分開かせて、清潔な毛抜きを使って処理したあと、保湿も忘れずにしましょう。

 

 

 

脱毛した後が大切です。

 

しっかりとサロンからの指示を守って保湿します。毛根付近だけでなく、脱毛した箇所の周囲は薬品や機械の刺激で乾燥しやすくなります。
様々なトラブルを起こさないよう、乾燥を防ぐために保湿ケアをいつもより丁寧に行いましょう。
それと、脱毛処理をしたところは紫外線の刺激を避けることも大事です。脱毛したところは雑菌感染を避けてください。
温泉や岩盤浴など、近頃では、時間あたりの料金を設定している医療脱毛と聞くと高コストな印象がありますが、30分間レーザーし放題のプランを選択すれば、いつも気になる部分をまとめて全部例えば、腕部分はこのくらいでも十分に満足だけど、脚、脇はもう少しだけ脱毛したいなどの要望がある時にも都合が良いです。比較的手頃な価格帯の中にも、ひときわ安い脱毛器があったりしますが、よほど用途を限定している人やムダ毛が薄い人を除いては、ほとんどの場合は期待はずれのようです。脱毛器を買うのなら、安物買いのなんとやらにならないよう、自分の希望にあった性能を持った製品を選んだほうが、得るものが大きいでしょう。

 

高いといっても、うんと高いものでなくても良いのです。安くて効果の薄い製品を買うのはお金を溝に捨てるようなものです。
これが脱毛器なんだなと効果を実感できる商品を選んでください。痛みを我慢できる方でないとお勧めできませんが、もう一つの脱毛方法であるレーザー脱毛は、限定的な範囲で、お好みに合わせて行うことができます。

 

どのくらいVラインのムダ毛を処理したいかは人それぞれ違いますから、脱毛しすぎを防ぐためにも医療脱毛をしてみてはいかがでしょうか。

 

レイビス京都の脱毛プランは?